トップ > 腎臓病の基礎知識 > 腎臓病の症状

 

腎臓病の基礎知識

腎臓病とは?

腎臓病の症状

腎臓病の主な症状として、たんぱく尿、血尿、むくみ(浮腫)、高血圧、尿量の変化などがみられます。腎臓病が著しく進行すると、尿毒症という深刻な状況になります。
これらの症状はすべてが出現するとは限らず、軽度のうちは顕著ではないため、現れても見過ごされがちです。また、慢性で徐々に進行した場合には、自覚症状に乏しいということもしばしばあります。そのために発見が遅れ、気がついたときには腎不全が進行してすでに慢性腎不全の状態、透析導入の一歩手前というケースも珍しくありません。

 

たんぱく尿
たんぱくは腎臓の糸球体とよばれる部位でろ過されますが、尿細管という部位で再度吸収されて血液中へ戻るため、尿中に含まれることはありません。あるとしてもごくわずかの量のみです。明らかなたんぱく尿が認められる場合には、腎臓の病気がかくれている可能性があります。

 

血尿
赤血球は健康な人でも尿中に排泄されていますが、尿中にもれる量はほとんどありません。
しかし、腎臓の糸球体から尿管膀胱までになんらかの障害があると、尿の中に赤血球が混じることがあります。
肉眼ではわからない顕微鏡で見える程度の顕微鏡的血尿から、茶褐色尿~鮮血の肉眼的血尿までさまざまな程度で観察されます。

 

むくみ(浮腫)
むくみは水分の排泄が十分に行われず、身体の中に余分な水分が溜まるために起こります。
腎臓の機能が低下すると体内の余分な水分や塩分が十分に排泄されず、水分量のコントロールができなくなります。すると、体にたまった余分な水分はむくみとして観察されるのです。
むくみは腎臓の機能の低下以外の原因(たとえば心臓の機能の低下など)でも起こりうるので、しっかり原因を突き止めたうえで治療をすることが大切です。

 

高血圧
腎臓は塩分の排泄や、内分泌機能のレニン系を介した血圧を調節する機能をはじめとして、血圧コントロールにおいて重要な役割を担っています。このため、腎臓の機能が低下してくると高血圧を来たしやすくなります。
高血圧は、頭痛や肩こり、吐き気などの症状を引き起こします。

 

尿量の増減
腎臓の機能が低下してくると尿を濃縮できなくなり、しばしば尿量が多め(多尿)になるということもあります。
しかし、腎臓病がさらにすすむと、尿をつくることができなくなるため、最終的には尿量が減ってきます(乏尿)。
腎臓の機能がなくなり、まったく腎臓が働かなくなると、尿はつくられなくなり、尿量は0mlとなります(無尿)。

 

尿毒症
腎臓の働きが低下し、尿から排泄できなくなった毒素や不要な老廃物が血液中に溜まった状態です。尿毒症の患者さんは、
  • 全身の倦怠感(だるさ)
  • 疲労感
  • 食欲の低下
  • 嘔気や嘔吐(気持ちが悪く吐き気がすること)
  • 高血圧
  • 睡眠障害
  • 呼吸苦
などのさまざまな症状を示します。
また、腎臓の働きが低下するとエリスロポエチンという赤血球をつくるために大切なホルモンが低下し、赤血球がつくられなくなるために「貧血」などがみられることもあります。
尿毒症の状態を放置すると、いずれは昏睡(意識がもうろうとした状態)となるなど、生命に関わる深刻な状態に陥ります。

 

これらの症状が現れた場合は、早急に病院で検査を受ける必要があります。
腎臓病の検査方法についてはこちら

監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院 腎・高血圧内科 教授 富野 康日己先生

 

 
 

 

このページのトップへ