飾りいなり寿司

 
飾りいなり寿司

低たんぱくごはんを利用したいなり寿司です。

 

材料

(1人分)
低たんぱくごはん 35分の1180g
合わせ酢清酒5ml
5ml
砂糖5g
いりごま1g
すし揚げすし揚げ(正方形の油揚げ)30g
しょうゆ3g
砂糖10g
だし汁(鰹節3g、水100ml)100ml
鶏ひき肉鶏ひき肉20g
しょうゆ3ml
清酒2ml
砂糖2g
グリーンピース(水煮缶詰)2g
鶏卵25g
さやえんどう5g
紅ショウガ甘酢漬6g
砂糖2g
植物油3g

 

作り方

1 低たんぱくごはんは袋の使用表示のとおりに電子レンジで加熱する。ボールに移し、ゴマを入れた合わせ酢を振りかけ、切るように混ぜ合わせて、6等分しておく。
2 すし揚げは半分に切って、たっぷりの熱湯で茹で、水気を切る。鍋にすし揚げと浸るくらいのだし汁100mlを入れ、砂糖・しょうゆを加え、10分ほど煮る。そのまま冷まし、味を含ませる。
3 さやえんどうはさっと茹で斜め切りにしておく。
4 卵を溶きほぐし、砂糖を加え、油を熱したフライパンでそぼろ状にする。同じフライパンに鶏ミンチを入れ、菜箸4~5本で混ぜながら、パラパラになるまで炒め、調味料を加え、グリンピースを加える。
5 2.のすし揚げを開き、1.の6等分したごはんを詰める。3個に炒り卵を乗せ、さやえんどうを飾り、3個に鶏そぼろを乗せ、最後に紅生姜を飾る。
◎すし揚げ(正方形の油揚げ)を半分に切って使い、トッピングを添える”飾りいなり寿司”にしてみました。長方形のあぶら揚げを適当な大きさに切って使ってもよいでしょう。
◎低たんぱくごはんは、35分の1以外にも25分の1、10分の1、5分の1などがあります。低たんぱくごはんを使用することで、主食から摂るたんぱく質を減らして、その代わりにより良質なたんぱく質食品を摂取できるようになります。

腎臓病の食事 エネルギーと栄養成分

エネルギー
(Kcal)
たんぱく質
(g)
カリウム/K
(mg)
リン/P
(mg)
塩分
(g)
1食のエネルギーと栄養成分 607 14.0 146 181 1.1

※五訂食品成分表より算出

監修:社会医療法人 寿楽会大野記念病院 管理栄養士 田村智子先生

お料理アドバイス「飾りいなり寿司、マグロのやまかけ、チンゲンサイのおひたし」で紹介されているお料理です。