ネフローゼとはどのような病気ですか。 – 腎臓サポート協会WEB
病気の基礎知識

ネフローゼとはどのような病気ですか。

回答
ネフローゼ(症候群)は、特定の一つの疾患ではなく、さまざまな病気が原因となって起こる、同じ症状を持つ疾患群を指します。「高度のたんぱく尿」と「低たんぱく血症」がみられ、そのために生じる「むくみ(浮腫)」や、「脂質異常症」が特徴です。ネフローゼ症候群の原因となる疾患は、腎臓自体の病気である糸球体疾患(原発性・一次性)が最も多く全体のほぼ80%を占めています。また、他の疾患に続いて起こるもの(続発性・二次性)としては、代謝性疾患(糖尿病など)、膠原病とその類縁疾患、感染症、悪性腫瘍などがあります。年齢により原因疾患の発症頻度は異なります。
小児で最も多いのがリポイドネフローシス(または微小変化型ネフローゼ症候群)です。急に激しくむくむのが特徴で、副腎皮質ステロイド薬がよく効くことが多いタイプです。再発を繰り返すこともしばしばありますが、原則として腎臓の機能が低下することはほとんどありません。成人では膜性腎症、アミロイド腎症、糖尿病性腎症などが多くなります。また、高齢者では続発性(二次性)のネフローゼ症候群が多いのも特徴です。膜性腎症は原発性の場合もありますが、二次性の原因として悪性腫瘍が隠れている場合もありますので、特に高齢者の膜性腎症では悪性腫瘍の精査が必要になります。