かかりつけ医で腎臓機能の低下を指摘されました。腎臓内科を受診すべきでしょうか? – 腎臓サポート協会WEB

かかりつけ医で腎臓機能の低下を指摘されました。腎臓内科を受診すべきでしょうか?

相談者
保存期患者、52歳、男性
相談内容
高血圧治療を受けている医院で、血液・尿検査の結果、腎臓機能が若干低下していると言われました。
検査値は、血清クレアチニン0.98、BUN14.3、TP7.2、Alb4.4、UA4.9ですが,腎臓内科等の受診は必要ないでしょうか?何年程度で進行するものでしょうか? 血圧の薬としては、ミカルディスを飲んでいます。
回答
腎機能が若干低下しているとの指摘を受けたとのことですが、血清クレアチニン(Cr)0.98、そして年齢52歳、から計算した腎機能(eGFRといいます)は eGFR:63.8ml/minです。
これは腎機能がおよそ64%であると言うことです。
腎機能が60%以上で、かつ尿所見、蛋白尿がなければ、腎臓病ではなく、特別な食事療法や薬は必要ありません。
しかし今後血清クレアチニンの上昇(eGFRが50ml/min以下)や尿の蛋白尿が出現してきたら、腎機能が低下していると考えます。貴方の場合、おそらく高血圧が原因と言うことでしょう。
腎機能は血清クレアチニン値と年齢の2つの要素から計算できます。これは専門医でなくてもできますので、尿検査と一緒に時々(年2回程度)調べてください。

腎機能の程度を考えると、腎臓内科の受診は現在のところ必要ありません。
ただし、高血圧はコントロール不十分が長期(20-30年)に渡って続くと、合併症 例えば動脈硬化、狭心症 脳梗塞などが将来発症する可能性があり、また腎硬化症という腎臓病の合併症(透析に至る)も発症する可能性があります。従って、薬の服用に加えて、食事療法(塩分制限7g以下に、また野菜と魚を多くとる、鳥豚牛、アルコールは多くとらない)、運動療法(週3日以上の40分の有酸素運動)を行って、内臓肥満防止と血圧を130/80以下にコントロールしてください。
現在服用しているミカルディスは腎保護作用がある降圧剤です。

現在の貴方の体に不安を持つ必要はありませんが、将来の合併症を防ぐには、先述した内容を日々実行する、決意と努力が必要です。かんばってください。