クレアチニンの値が徐々に上り、将来が不安です – 腎臓サポート協会WEB

クレアチニンの値が徐々に上り、将来が不安です

相談者
保存期患者、51歳、男性
相談内容
腎臓内科に10年ほど前から通院しています。血清クレアチニン(Cr)の数値は1.2mg/dL台でしたが、半年程前から上がりはじめ、1.3、1.4、1.5mg/dL台、今回は1.68mg/dLでした。
尿タンパクは出たり出なかったりとバラバラです。尿酸値は正常になりました。
血圧も正常値です。しかし、血清クレアチニンの数値だけが上がり続けています。
尿タンパクが、+だったり-だったりして、血清クレアチニンの数値だけが上がるのが、おかしいと言われています。今も、降圧剤と尿酸値を下げる投薬を受けていますが、将来的にこのままで良いのか不安です。
回答
クレアチニンは基本的には筋肉量に依存する場合がありますから、プロテインのようなサプリメントを使用している場合や、ジムで筋力トレーニングを行っていれば上昇すると思われます。
抑うつの薬を飲んでいるようならば、筋肉痛を伴うような横紋筋の障害がおこることも可能性としてはあるかもしれません・・・。
いずれにしても特効薬はありませんが、飲水量を増やして経過観察になるのではないかと思います(タンパク尿・血尿の増悪がないようならば)。

また、たんぱく制限や塩分制限などの食事療法は行っていますか? 血圧のコントロール状態はどうでしょうか?
これらは腎機能の低下による血清クレアチニン値の上昇に深く関与しますので、注意を払う必要があります。