クレアチニン値が急にあがりはじめました。進行を抑えるためのアドバイスを。 – 腎臓サポート協会WEB

クレアチニン値が急にあがりはじめました。進行を抑えるためのアドバイスを。

相談者
保存期患者、66歳、男性
相談内容
40歳の時に腎生検でIgA腎症と診断され、現在、年4回検査(尿・血液)+降圧剤(毎朝) を行っています。
血清のクレアチニン値が、4か月ごとに、1.02→1.06→1.09⇒1.17と急激に上がり始め不安です。血圧は最高130代後半、最低70代半ばです。Crの上昇を抑制するためのアドバイスをお願いします。
週1回位5k程度の歩こう会で汗をかいていますが大丈夫でしょうか?
回答
確かに腎機能が進行性に低下している可能性あります。何が悪くてかかる事態が生じているのか原因を探るべきです。
特に確認が必要なことは、家庭血圧が適切な値であるかどうか、IgA腎症の疾患活動性が高いのかどうかの2点です。血圧は、ご自身で1日3回測定(繰り返し測定)し、終日、125/75以下ならとりあえず宜しいでしょう。IgA腎症の活動性については検尿/沈査所見や1日蓄尿による尿タンパク量の測定にておおむね判断できます。また、蓄尿検査では、尿タンパク量のみならず、塩分摂取量やタンパク質摂取量も明らかになるので、食事の是正点も明らかになります。以上の上で是正すべき点を改めれば良いと思います。
なお、降圧剤ですが、血管拡張薬を服用されているようですが、腎臓のろ過器(=糸球体)の内圧を減じる性質のある降圧剤に変更した方が、腎機能は長持ちすると思います。変更によって、糸球体内圧減少による腎機能低下が生ずる可能性ありますが、長い目でみれば、この方が腎機能は維持されます。主治医に相談してみてください。
運動については、身体能力や心臓の機能に支障のない限り、通常はこの程度は全く問題になりません。水分摂取を忘れず、体調に応じて無理なく行えばよいでしょう。気の合うお仲間と親しく過ごすことは、楽しいことですし、とても良いリフレッシュになると思います。