クレアチニン1.1だが、腎臓専門医にかかったほうがよいでしょうか – 腎臓サポート協会WEB

クレアチニン1.1だが、腎臓専門医にかかったほうがよいでしょうか

相談者
保存期患者、76歳、男性
相談内容
血清クレアチン値 1.1mg/dL、 尿蛋白 4+(30 mg/dl)
一日に軽い五千歩のウォーキング、ラジオ体操、ゴルフ週一回
CKD ステージ3
心房細動、徐脈40程度
開業医にかかっているが、腎臓専門医にかかったほうが良いでしょうか。

体重 64キロ、身長169cm
回答
現時点での腎臓専門医への受診はまだ必要がないと思われます。
内服薬継続と塩分の注意だけでよいと思います。
今後、血清クレアチニンが上昇する場合(1.5近くに)やタンパク尿が増加する場合(100㎎/dl)には腎臓専門医を受診してください。