腎臓病の母の運動不足が心配です。 – 腎臓サポート協会WEB

腎臓病の母の運動不足が心配です。

相談者
保存期患者、73歳、女性
相談内容
母についての相談です。クレアチニン値3.56で薬と食事療法を行っています。 寒い、疲れると言って殆ど外出せず、運動不足が心配です。外出すると足がむくむといい、ますます家に引きこもってしまいます。
寒さを人一倍感じるのは、腎臓病のせいでしょうか?食事療法のせいでしょうか?(蛋白摂取量が約20g/日)また、足がむくむのは腎機能が低下しているためでしょうか?
運動不足にどのように対処すれば良いのか、アドバイスをお願いします。
回答
ご質問にお答えする前に患者さんの腎機能について説明させてください。
多くの薬剤(主として降圧薬)を服用し、厳格な食事療法(蛋白制限)をされていて、現在のクレアチニンが3.56mg/dLということですので、73歳の日本女性の腎機能としては推算GFR(糸球体濾過量)が9.5mL/min/1.73m2程度となります。推算GFRは、15mL/min/1.73m2未満で治療によっても腎不全症状が改善されなければ透析導入を考慮し、6mL/min/1.73m2未満となれば症状がなくても透析導入が推奨されています。
すなわち、この患者さんの慢性腎不全は、近い将来に透析導入の準備が必要であるとともに、腎不全に伴う合併症を伴いやすくなっている状態と考えられます。透析導入前の腎不全(保存期腎不全)の時期に起こる合併症には、腎性貧血、心不全、甲状腺機能低下症など多くの疾患があります。貧血は動悸、息切れ、全身倦怠感、頭痛、狭心症などの症状がみられ、心不全でも動悸、息切れ、呼吸困難、浮腫などが認められ、いずれの場合も身体活動や日常生活が制限されます。また、甲状腺機能低下症では、無気力、易疲労感、寒がり、動作緩慢、体重増加、便秘、浮腫、高コレステロール血症などの症状が出現します。そして、保存期腎不全期にはこれらの合併症が同時に認められることもあります。
体重、血圧、貧血の程度、糖尿病の有無など詳細なことはわかりませんので断言はできませんが、この患者さんは、運動不足というよりも運動しにくい病状であるように推察いたします。
慢性腎不全、腎性貧血、心機能、甲状腺機能検査など総合的評価が必要ですので、必ず主治医の先生に相談してください。