足のむくみに「リンパマッサージ」はどうでしょうか? – 腎臓サポート協会WEB

足のむくみに「リンパマッサージ」はどうでしょうか?

相談者
保存期患者、45歳、男性
相談内容
慢性腎不全で食事・薬物治療中です。
脚がむくんでくることがあるので、リンパマッサージや足裏マッサージをしようと思いますが、腎不全患者にはリンパマッサージなどは良くないとの話も聞きました。
実際にはどうなんでしょうか?
回答
腎不全患者に対する「リンパ管マッサージ」ですが、基本的には問題ないと考えられます。
「リンパ管マッサージ」は、細胞外液の求心路(手足などの末梢から上大静脈を経て最終的には心臓へ向かう通路)としてリンパ管を積極的に用いるためのマッサージ技術、と捉えられます。浮腫の軽減に有効であるケースもありましょう。
ただし、極端な水分過剰(=血管内の水分が極端に多いため心不全を起こす一歩手前の状態)が存在する場合、リンパ管マッサージを行うことによりうっ血性心不全を起こす可能性が(理論的には)存在します。リンパ管マッサージを実際に施行される前に、一度主治医に確認しておくのが宜しいと思われます。