なぜカリウムのコントロールが必要なのですか。 – 腎臓サポート協会WEB

なぜカリウムのコントロールが必要なのですか。

回答
腎臓に障害があると、カリウムを十分に尿に排泄することが難しくなり体内に蓄積されてきます。血液中のカリウム濃度が高くなりすぎると非常に危険で、不整脈が起きたり心臓が止まって突然死に至ることさえあります。こうした危険を避けるためには、血液中のカリウム濃度が正常範囲に保てるように、カリウム摂取量を制限することが必要になります。食事の制限だけでは十分にカリウム量が低下しない場合には、摂取したカリウムが体内に吸収されないように吸着する薬を内服することもあります。