腎臓に良い食品やサプリはありますか? – 腎臓サポート協会WEB

腎臓に良い食品やサプリはありますか?

相談者
保存期患者、43歳、男性
相談内容
1年半前に慢性糸球体腎炎 IgA腎症と診断をうけました。現在、2~3ヶ月に1回の通院で尿・血液検査をするのみで、服用している薬はなく経過観察中です。尿蛋白が陽性、尿潜血が陽性~2陽性、クレアチニンは0.77、eGFR(腎機能)は88.3です。食事は特に規制されておりませんが、タンパク質を多少控え減塩を心がけるようにしています。慢性糸球体腎炎 IgA腎症患者は、どのような点を気をつけたらよいのでしょうか?また積極的にとったほうが良い食品やサプリメントなどはありますか?また逆に避けたほうが良い食品はありますか?どうぞ宜しくお願い致します。
回答
最初に、文面から拝察する限り、現在のように無治療で定期的に臨床検査を行なって追跡するのが、おそらく最良の方針で、我が国の大部分の腎臓専門医が同じように診療するものと思われます。
IgA腎症と診断されたのであれば、腎生検をお受けになったことでしょう。腎生検の結果、腎組織の変化が軽度で、また文面にはありませんでしたが、血圧が良好(腎臓内科的には120台/70台までを指す)であれば、上述のように現在の方針が妥当でしょう。(ただしもし、腎生検上の組織変化が軽くないとか、血圧が上記以上である場合には、状況が変わって参ります。)

生活上の注意点ですが、生活習慣などの中で、腎臓病によくないことがわかっているものはいろいろあります。具体的には、喫煙、過度の飲酒(日本酒およそ2.5合以上)、運動不足、肥満やメタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などは、腎臓病一般に対してよくないことがわかっています。まとめて言えば、当たり前のようですが、「体によくないことは、腎臓にも悪い」と言って良さそうです。

現状(尿蛋白が少なめで腎機能は正常、おそらく血圧正常)では特別にお勧めできる食事療法は無いものと思われ、現在実施されている「蛋白と塩分少なめ」はとても妥当なものと考えます。腎臓病の食事療法は、他のいろいろな病気に対する食事療法と同じく、「○○を食べていればよい」とか「××を食べなければよい」というような特定の食品はありません。バランスよく、太りすぎ・やせすぎを避けて、と言うくらいでしょうか。
また腎臓病、または慢性糸球体腎炎に有効であると証明されたサプリメントは、私の知る限りありません。