PD5年目で腫瘍が見つかりました、腹腔鏡手術は可能でしょうか – 腎臓サポート協会WEB
透析治療に関して

PD5年目で腫瘍が見つかりました、腹腔鏡手術は可能でしょうか

相談者
腹膜透析、70歳、女性(相談者:患者家族)
相談内容
・母は腹膜透析を始めてもうすぐ5年です。尿毒症はないのですが、足の浮腫が最近みられるようになりました。PET検査では悪くはなかったのですがそろそろ血液透析に移行しなければいけないのでは、と主治医の先生からも言われているところです。
・そのような状態の中、先日CT検査で2センチの腫瘍が見つかりました。まだ悪性と断定はされていませんがMRI検査をしましょうとのことです。
・本人は手術を拒否したいと申しております。家族としては、手術をして頑張ってほしいと思っているのですが、今まで何度も手術を繰り返してきているので気持ちもわからなくもないのです。
・腹膜透析の患者は腹腔鏡手術は可能なのでしょうか、またミニマム創内視鏡下手術というものをネットで調べたところ腹膜を傷つけずにすることが可能であると。その他に切らずに治す粒子線治療、分子標的治療、インターフェロン治療等調べましたが、どの治療が腹膜透析をしているものに可能な治療かどうか、(近日中に血液透析に変わり癌の治療をすることも考えています)また有効なものかどうかを教えていただきたく思います。
回答
問題は2つありますね:
1)腹膜透析から血液透析への移行時期
腹膜は5年以上の腹膜透析で傷んで機能が低下しますから、適正な時期に腹膜透析を止めて血液透析へ移行するか、腹膜透析と血液透析を併用するかを選択する必要が出てきます。この点は主治医とよく相談されることを希望します。

2)次はご質問の腫瘍のことです。
追加の検査(MRIなど)で良性か悪性かがはっきりしたでしょうか。現在は腎移植術も腹腔鏡下で行われます。腎腫瘍も極端に大きくはなさそうですから、腹腔鏡下摘出が可能であろうと考えます。