転院をすべきか悩んでいます – 腎臓サポート協会WEB
移植に関して

転院をすべきか悩んでいます

相談者
75歳、女性(相談者:患者家族)
相談内容
75歳になる母が一昨年春に体調を崩し、病院にいったところ、末期腎不全といわれ、すぐにシャント作成、9月より透析開始となり、血液透析を受けています。
透析開始後、体調もよくなり、隔日の外出におしゃれにも興味が復活し、元気にしている様子に安心していたのですが、その後、看護師はじめスタッフの扱いがおかしいような気がするとのこと。穿刺の際に血管を強くおされたり(どの看護師が下手だとか相性が悪いということではないようです)、ベッドの位置を自分だけ毎回変えられたり、前の病院へ戻すようなことを遠回しに言われたり…。
初めは、母のことを目の敵にしていた患者さんのせいかと思っていたようですが、その方が転院してもさらにエスカレートしているようで、もう限界だと言っています。
透析が長い患者さんは難しい方もいらっしゃると聞いておりますので、スタッフの皆様のご苦労もおありだと理解していたつもりですが、驚いています。身内がいうのもおかしいですが、母はそのような患者ではないと思います。
嫌な思いをしている母からしか話を聞いていないので、公平ではないかもしれませんが、どこへ相談してよいかわからずお尋ねしました。
回答
このようなことがごくまれにあるやに聞いております。
透析は一生続く治療なので、お母様がいやな思いをなさらなくて済むよう、転院をお考えになってはいかがでしょうか。
東京でしたら1駅か2駅先で、お嬢様がこれはと思う病院をみつけて、前もってご相談なさったうえで、転院されることをおすすめいたします。
一時も早く、お母様が心安らかに治療を受けられるようにお祈りいたします。