腎臓への影響up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病の基礎知識 > 腎臓への影響

 

腎臓病の基礎知識

腎臓病と糖尿病

腎臓への影響

糖尿病の症状
糖尿病の自覚症状には、全身がだるい、喉が渇く、尿量が増える、食欲が旺盛になる、食事はとれているのに体重が減る、などがあります。初期には症状がほとんどないこともあります。せっかく検診などで発見されても、治療せずに放置した場合には、徐々に進行し、発病から5~10年たつと合併症が出現してきます。
糖尿病網膜症糖尿病性腎症糖尿病性神経障害は、糖尿病の三大合併症といわれています。
腎臓と糖尿病
腎臓は小さな血管の集まりです。腎臓のろ過装置である糸球体は、たくさんの細小血管が寄り集まってできたものであり、高血糖がつづくと、糸球体の血管は硬くなり、組織が粗くなって、ろ過機能も次第に低下していきます。この状態を糖尿病性腎症といいます。糖尿病による腎臓障害は、糖尿病の増加とともに近年、急激に増え始め、現在は糖尿病の患者さんの死亡原因の約15%を占めるまでになっています。治療の開始時期が遅れると腎症は進行性になることが多く、腎症の早期診断は非常に重要です。
監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院 腎・高血圧内科 教授 富野 康日己先生

 

 

 

このページのトップへ