保存期の不安、日常生活up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病相談 > 保存期の不安、日常生活

 

腎臓病相談

これまでの相談例

保存期の不安、日常生活

クレアチニンが急にあがりショックを受けています
相談者 保存期患者、58歳、女性
相談内容 20年前にIgA腎症と診断され、現在薬物療法と食事療法を行っています。最近急にクレアチニン値が3.2に上がり、ショックを受けています。どのような原因が考えられるでしょうか?また、これ以上悪くならないようにするにはどうすればよいでしょうか。
回答 IgA腎症は少しずつ進行する腎炎と考えられていますが、20年の間に、10人のうち4人は透析が必要になっています。その点あなたは、20年が経過しても透析が必要なレベルになっていないのは、薬物療法と食事療法の効果だと思います。
腎機能に影響を与える要因、つまり、風邪などの感染症、夏場の脱水症状、非ステロイド消炎鎮痛薬の服薬などによって、クレアチニン値が急に上がる場合もあります。また、尿タンパクが多い方、血圧が高い方は進行が早いようです。適切な食事管理(たんぱく質の制限、適切なエネルギーの摂取、塩分制限)と血圧のコントロールを引き続き行ってください。
またクレアチニンおよび尿素窒素が上昇してきたときは、尿毒素を吸着してクレアチニンの上昇を抑える活性炭の吸着薬(クレメジンなど)の服用により上昇が抑えられることがあります。また腎性貧血が考えられるときは、エリスロポエチンの皮下注射薬などもありますので、貧血を改善しておくとよいと思います。血液が酸性に傾いた場合は、重曹などでPHを調整しておいたほうがよいでしょう。主治医とよく相談してください。
IgA腎症で扁桃摘出をすすめられています
相談者 保存期患者、60歳、女性
相談内容 IgA腎症の治療として扁桃腺摘出とパルス療法をすすめられていますが、主治医の指示に従ったほうがよいのでしょうか。
回答 現在のIgA腎症の治療としては、扁桃腺摘出とパルス療法が厚生労働省研究班のスタンダードになっています。IgA腎症でタンパク尿が出ていれば、扁桃腺摘出とパルス療法を行ったほうがよいと思います。
扁桃摘出後経過観察中ですが、予後が心配です
日課のウォーキングを続けても大丈夫でしょうか?
自転車やゴルフは大丈夫?
1時間の速歩は、腎臓病で控えるべき「激しい運動」にあたりますか?
かかりつけ医で腎臓機能の低下を指摘されました。腎臓内科を受診すべきでしょうか?
クレアチニン値が急にあがりはじめました。進行を抑えるためのアドバイスを。
腎臓病の母の運動不足が心配です。
球形吸着炭の飲み方について質問です。
eGFRをこのまま保つために自分でできることはないでしょうか?
肉体労働のある職種です。仕事を変えた方が良いでしょうか?
足のむくみに「リンパマッサージ」はどうでしょうか?
IgA腎症ですが、今の病状で扁桃腺摘出+パルス療法を行った方が良いでしょうか?
上記は、会員向けサービスのオンライン健康相談に実際に寄せられたご質問とその回答の一部です。
全ての内容は、会員向けサービス「健康相談」ページにてご覧いただけます。
健康相談では、1人ひとりの状態に合わせ、専門家からメールでご回答を差し上げております。
健康相談を利用するには、会員登録(無料)が必要になります。会員登録はこちらから。

 

 

 

このページのトップへ