透析が必要といわれてup特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病相談 > 透析が必要といわれて

 

腎臓病相談

これまでの相談例

透析が必要といわれて

導入が遅くなると死期を早めるのでしょうか?
相談者 保存期患者、82歳、男性
相談内容 クレアチニンの値がここ半年で急にあがり、主治医からは1〜2年のうちに透析に入ってもおかしくないと診断されています。現在は通常の生活が続けられていますし、今後も努力を続けてできるだけ透析を避け、普通の生活ができないようになったら導入したいと考えていますが、導入が遅くなると死期を早めてしまうのでしょうか。どんな時に決断すべきか教えてください。
回答 現在の数値から、あなたは慢性腎臓病のステージ5まで進行していますね。ステージ5とは透析直前か透析を導入している方を意味します。あなたの推定糸球体ろ過値(尿をつくる働き)は6.52ml/分で、通常8.0ml/分以下は透析開始を推奨する値とされています。
そのほかに以前から用いられている透析開始基準があります。それは検査結果、臨床症状、日常生活障害度を点数で表わし、合計が60点以上であれば透析開始をすすめるというものです。たとえば、クレアチニン値が5.0より大きい場合は20点、年齢が60より上だと10点、臨床症状が1つ加わるにつれてプラス10点、というふうに加算されていくのです。
いずれにしろ、あなたの数値からは、透析の準備に入っておく必要があると判断します。血液透析を選択するなら、シャントを、腹膜透析(CAPDやAPD)を選択するなら、スマップ法でカテーテル挿入を早目にしておけば、スムーズに透析に入ることができます。また、ステージ5になると急激に増悪する場合もあるので、2週間に一度は外来受診して、定期的に検査を受けることをおすすめします。
日本腎臓学会および透析医学会が作成した小冊子(DVD付き)や当協会作成の冊子「腎不全とその治療法」などを参考にして早目の準備をお勧めします。
いきなり腎不全で透析が必要と言われ、家族で毎日悩んでいます。
相談者 保存期患者、41歳、男性 (相談者:患者家族)
相談内容 主人は1月に高血圧・だるいなどの自覚症状があり受診したところ腎不全との診断でいきなりいずれ透析が必要だと言われ、シャント形成手術をしました。医師からの詳しい説明もほとんどなく家族でこれからどうしていいものか毎日悩んでいます。今の数値はクレアチニン6.62尿素窒素73.5です。食事も減塩に努めていますが共働きの為時間をかけれないので献立も思いつかず悩んでいます。子供は中.高生で育ちざかり。20年以上前から潰瘍性大腸炎を患っています。
回答 腎臓の機能低下は多くの場合に、余りはっきりした自覚症状無しで徐々に進行します。このため、明確な症状が出てきて医療機関を受診した時には、想像以上に腎機能低下が進んでしまっていることがよくあります。定期健診を毎年受けておられたのであれば、尿蛋白の陽性、血圧の上昇、貧血、これらに伴う自覚症にご本人が敏感であってほしかったと思います。
急いでシャント作製手術をお受けになった程ですから、腎機能は大まかに申して正常時の10分の1にまで低下していたのだと推測いたします。
ご主人と貴方が直ちに行うべきことは以下の事項です:
1)慢性腎不全の原因は何なのか? 慢性糸球体腎炎か、糖尿性腎不全?など
2)食生活の基本の学習(医師及び栄養士からの指導)
3)処方される薬剤の内容と作用(効果):何故内服するのか?
4)患者さんの血液透析スケジュールを考慮した家族全体の生活パターンの再構築
  (考え直し)
5)腎不全で透析を開始したことによる潰瘍性大腸炎への影響について担当医に尋ねる
6)腎移植の可能性の追求

いずれの項目も簡単には解決策が出ないかもしれませんが、全国で約31万人の人々が維持透析で命を永らえ、その人なりの社会復帰を果たしています。最初の1年の苦難をどうか歯を食いしばって進めば、道は自ずと開けると信じます。
シャントも作りましたが、透析開始を1日でものばしたいのですが。
多発性嚢胞腎ですが、腹膜透析はできないのでしょうか?
血液透析の準備のためにシャントをつくりましたが、太くなりません。
食欲もあり体調もふつうですが、心臓が心配と透析をすすめられています
父が透析一歩手前と言われました。透析になったら生活面で何に気を付ければ良いでしょう?
上記は、会員向けサービスのオンライン健康相談に実際に寄せられたご質問とその回答の一部です。
全ての内容は、会員向けサービス「健康相談」ページにてご覧いただけます。
健康相談では、1人ひとりの状態に合わせ、専門家からメールでご回答を差し上げております。
健康相談を利用するには、会員登録(無料)が必要になります。会員登録はこちらから。

 

 

 

このページのトップへ