透析治療についてup特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病相談 > 透析治療について

 

腎臓病相談

これまでの相談例

透析治療について

透析後のだるさと頭痛に悩まされています
相談者 HD患者、59歳、男性
相談内容 半年前に血液透析を始めました。透析後に手足のだるさと頭痛があり、悩まされています。除水が少ないと苦痛が和らぐ気がして、飲食を制限して、除水を2kg以下にするように努力しています。何かよい方法があれば教えてください。
回答 透析後のだるさを考えるときには、治療後の血圧は下がっているか?脈は?患者さんの体格、日常の活動性、むくみなどの身体所見、透析にいたった原疾患、心臓の合併症、貧血など検査データ、現在の尿量、現在の透析条件など、様々なことを検討する必要があります。今回の場合、詳しい情報がありませんが、体重増加が少ないと苦痛が和らぐとのことですので、おそらく透析の除水・血圧低下に関連する症状と思われます。一般に、腎不全の方は尿が少なくなってくるので、透析を終えてからつぎの透析日までに体重が増加しますが、中2日のときは5%以内、中1日のときは3%以内が望ましいと考えられています。つまり、月・水・金透析の体重60kgの方は、月曜日には3kg以内の増加が望ましいということです。塩分を控えて、水分を減らしましょう。尿量がほとんどない方の場合は、1日700〜800ml以内の水分摂取が望ましいとされています。これには、食事の汁物や薬を飲む水、嗜好品としてのお茶など全てを含みます。
以前は2kgぐらい除水しても平気だったのに、最近はつらい、血圧が下がってきた、足がつりやすいなどの場合には、ドライウエイトが合わなくなってきた(太ってきた)可能性があるので、主治医に相談することが必要です。患者さんの自覚症状、血圧などを総合して医師が判断しますので、患者さんが積極的に情報を発信するのは良いことです。もし十分な尿量(500〜1000ml)があるのに、体重が3〜4kg以上増えてしまうとしたら、生活・食事・水分摂取の内容に問題があると考えて、栄養相談を受けましょう。また、尿量が少なくなってきて体重が増えてしまう場合は、透析時間を3時間から4時間にするなど、透析治療の見直しが必要でしょう。いずれにしても、透析とつぎの透析の間の体重増加を抑えることは、長期に合併症を予防するためにも重要です。
血液透析患者の緊急時の対応について
相談者 HD患者の家族、30代、女性
相談内容 母(65歳)は救急対応ができないクリニックで透析を受けています。先日自宅で呼吸困難になり、受け入れ先を探すのが大変でした。緊急時に備えて、家族はどのような環境をつくっておけばいいのでしょうか。
回答 透析だけを行っている入院設備のないクリニックでも、月〜土曜日の午後5時ごろまでは透析スタッフが勤務していますし、夜間透析をしている日は、午後11時ごろまで透析スタッフがいますので、連絡をとることができると思います。
また大部分の施設では、緊急事態に備えて、緊急時の連絡方法(多くは緊急時電話番号)を患者さんに通知しています。連絡を受けた当番スタッフは、患者さんに受け入れ先の病院を指示し、先方の病院にも依頼するよう連絡を入れてくれることになっていると思います。
緊急事態の対応は、かかりつけ施設の担当医、または看護師長に明確に教えてもらうことが大切です。なお、急性の呼吸困難の発症は、100%避けられるものではありません。その時どうすればよいのか、かかりつけ施設の担当医とよく相談しておくことです。
血液透析の時間を1時間延ばすことをすすめられています
腹膜透析の実情を知りたい
腹膜透析はどのぐらい継続できるのでしょうか?
腹膜透析から血液透析への切りかえについて
APDを導入しても旅行できるのでしょうか?
透析7年目ですが、手根管症候群と言われました。
シャントを作りましたが、痛みがあり、コブのように腫れています
手指のこわばり、肩の違和感、足のひざの立ち上がりもギクシャク。
副甲状腺を取る手術をと言われたが、心配です。
透析を始めたら、性的機能障害になりました。改善方法はありますか?
透析をする前に移植はできるのでしょうか?
病状は違うはずなのに、どうして血液透析はみんな一様に週3回なのでしょうか?
透析をしていますが、子どもへの遺伝が心配です。
上記は、会員向けサービスのオンライン健康相談に実際に寄せられたご質問とその回答の一部です。
全ての内容は、会員向けサービス「健康相談」ページにてご覧いただけます。
健康相談では、1人ひとりの状態に合わせ、専門家からメールでご回答を差し上げております。
健康相談を利用するには、会員登録(無料)が必要になります。会員登録はこちらから。

 

 

 

このページのトップへ