腎臓のはたらき:中等度低下up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病Q&A > 腎臓のはたらき:中等度低下

 

腎臓病の治療

病気の段階別Q&A

腎臓のはたらき:中等度低下

なぜ、たんぱく質のコントロールが必要なのですか。
たんぱく質の摂りすぎは体内に老廃物を蓄積することになり、弱った腎臓にさらに負担をかけます。しかし、たんぱく質の摂取を抑えすぎて、それに伴い摂取カロリーも減ってしまうと異化(体を構成する有機物質を分解する作用のこと)がすすみ、体重や筋肉量が減少して、体調不良の原因になります。腎機能を低下させず、かつ体調を維持するためにも、たんぱく質摂取量のコントロールはとても重要です。
たんぱく質は、野菜、パン、ご飯、牛乳、肉、魚、卵などさまざまな食品に含まれています。たんぱく質摂取量をコントロールする際には、体に欠かせない必須アミノ酸を多く含む良質のたんぱく質を含む食品(牛乳、肉、魚、卵など)を重点的に摂るようにすることが大切です。 
なぜ、塩分のコントロールが必要なのですか。
体液量(体内の水分量)が多いと血液量が多くなり、それらをろ過する腎臓に負担をかけます。また、血圧も上昇してさらに腎障害が進みやすくなります。そのため、体液量のコントロールはとても重要なのです。塩分を多く摂取すると、血液の浸透圧があがります。浸透圧をさげるため、体は水分を体の中に貯めようとします。さらに、のどが渇いて水分が欲しくなります。そうすると塩分と一緒に水分が体の中に貯まってしまい、体液量が増えます。腎臓が健康な人であれば、尿をだすことで、体内の水分量や塩分量のコントロールが可能ですが、腎臓に障害がある場合には、塩分の摂りすぎは体液量の増加につながり、むくみ高血圧が生じてきますそのため、腎臓病の治療では一般的に、食事による塩分の摂取量を制限する必要があります。薄い味に舌が慣れるまでしばらく時間がかかりますが、香辛料や酸味・辛味などで味の豊かさを工夫し、塩味をカバーして美味しい料理を作ることが大切です。

>>食事療法はこちら
なぜエネルギーコントロールが必要なのですか。
人間が生きていく上で、食事によるエネルギー摂取は必要不可欠なものです。食欲が落ちて、必要なエネルギーを摂取できなくなると、体に蓄えた脂肪や筋肉組織がエネルギーとして燃焼され、結果として体重が減ってしまいます。毎日必要十分なエネルギーを摂取することがとても重要です。
食事療法たんぱく質摂取量の制限がかかると、どうしてもエネルギー摂取量が不足がちになりますので、主治医や管理栄養士さんと相談しながら、糖分や脂質でカバーするようにしましょう。
上記は、病気の段階別に、代表的な質問と回答を記載したものです。
実際にオンライン健康相談に寄せられたご質問と回答の一部は「これまでの相談例」をご覧ください。
個別の健康相談を受けるには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちらから。
監修:川崎市立多摩病院(指定管理者:聖マリアンナ医科大学) 腎臓・高血圧内科 副部長 今野 雄介先生

 

 

 

このページのトップへ