トップ > お役立ち情報トップ > 腎臓にやさしいお料理 > おいしく!楽しく!食事作りのヒント

 

お役立ち情報

腎臓にやさしいお料理

おいしく!楽しく!食事作りのヒント

工夫次第で毎日の食事づくりが楽しく、しかもおいしくなります! ここにはそのためのヒントがいっぱい詰まっています。お好きなページからご覧ください。

紹介レシピはこちら:
[Recipe1] 豚肉のほうじ茶煮

作り置きができて、減塩効果も!豚肉のほうじ茶煮

香ばしいお茶の香りで減塩!多めに作って冷蔵庫に保存しておくと便利です。 梅雨時にも夏ばて防止にもさっぱりおいしく食べられます。

ワンポイント・アドバイス

●豚もも肉には「疲労回復のビタミン」といわれているビタミンB1が多く含まれています。
●ほうじ茶で茹でることで豚肉の臭みが抜け、香ばしい風味で濃い味つけをしなくてもおいしく食べることができます。ほうじ茶の代わりに紅茶でもできます。
●作り置きができるので、常備しておくと便利です。
●タレはからし醤油、ラー油などでも合います。

ざる上の豚もも肉は200g、ほうじ茶葉は5gです。

1人分の総栄養価
メニュー エネルギー
(kcal)
たんぱく
(g)
リン
(mg)
カリウム
(mg)
塩分
(g)
豚肉のほうじ茶煮 89 11.7 127 311 1.1

※五訂食品成分表より生値で算出。
(注)栄養価計算は1人分の豚もも肉50gでしています。

出典:そらまめ通信Vol.57
監修:医療法人寿楽会 大野記念病院 管理栄養士 田村智子先生

豚肉のほうじ茶煮

豚肉のほうじ茶煮

香ばしいお茶の香りで減塩!多めに作って冷蔵庫に保存しておくと便利!

  • レシピを見る
  • 和食

 

食事作りのヒント

便利アイデア

料理の種類

季節やシーン

PD患者さん向けクッキング

 

 

 

このページのトップへ