保存期の不安と日常生活 – 腎臓サポート協会WEB

保存期の不安と日常生活

腎臓病についての基本的な疑問と過去に寄せられた質問、合計100 以上について、 ドクターをはじめ専門家が回答しています。
ログインしていただければすべての回答をご覧いただけます。
また、関心のあるキーワードで検索することもできます。
(実際に寄せられた質問は、個人が特定されないように加工して掲載しています。)

会員登録がお済みの方

メールアドレス(ID)
パスワード

会員登録(無料)がまだの方は、新規登録をしてください。

ログイン

Q1

クレアチニンが急にあがりショックを受けています

相談者
保存期患者、58歳、女性
相談内容
20年前にIgA腎症と診断され、現在薬物療法と食事療法を行っています。最近急にクレアチニン値が3.2に上がり、ショックを受けています。どのような原因が考えられるでしょうか?また、これ以上悪くならないようにするにはどうすればよいでしょうか。
回答
IgA腎症は少しずつ進行する腎炎と考えられていますが、20年の間に、10人のうち4人は透析が必要になっています。その点あなたは、20年が経過しても透析が必要なレベルになっていないのは、薬物療法と食事療法の効果だと思います。 腎機能に影響を与える要因、つまり、風邪などの感染症、夏場の脱水症状、非ステロイド消炎鎮痛薬の服薬などによって、クレアチニン値が急に上がる場合もあります。また、尿タンパクが多い方、血圧が高い方は進行が早いようです。適切な食事管理(たんぱく質の制限、適切なエネルギーの摂取、塩分制限)と血圧のコントロールを引き続き行ってください。
またクレアチニンおよび尿素窒素が上昇してきたときは、尿毒素を吸着してクレアチニンの上昇を抑える活性炭の吸着薬(クレメジンなど)の服用により上昇が抑えられることがあります。また腎性貧血が考えられるときは、エリスロポエチンの皮下注射薬などもありますので、貧血を改善しておくとよいと思います。血液が酸性に傾いた場合は、重曹などでPHを調整しておいたほうがよいでしょう。主治医とよく相談してください。

Q2

IgA腎症で扁桃摘出をすすめられています

相談者
保存期患者、60歳、女性
相談内容
IgA腎症の治療として扁桃腺摘出とパルス療法をすすめられていますが、主治医の指示に従ったほうがよいのでしょうか。
回答
現在のIgA腎症の治療としては、扁桃腺摘出とパルス療法が厚生労働省研究班のスタンダードになっています。IgA腎症でタンパク尿が出ていれば、扁桃腺摘出とパルス療法を行ったほうがよいと思います。

Q3

扁桃摘出後経過観察中ですが、予後が心配です

Q4

日課のウォーキングを続けても大丈夫でしょうか?

Q5

自転車やゴルフは大丈夫?

相談者
保存期患者、49歳、男性
相談内容
多発性のう胞腎からの腎不全状態と診断されています。クレアチニンが3.35です。自覚症状はあまりないのですが、時々貧血のような症状があらわれたり、体がだるくなることはあります。ときどき自転車に乗ったり、ゴルフをしていますが、腎臓によくないのでしょうか。
回答
慢性腎臓病はどのステージにおいても、過労(翌朝の起床時に疲労感が残るような程度)は避け、十分な休養が必要とされています。しかし、だからといって極端な運動制限を必要とはしません。必要以上に安静臥床を強いれば、筋肉量が減少し、栄養不良の状態になってしまいます。あなたのデータから、推定糸球体ろ過値は16.9ml/分程度と推定され、慢性腎臓病のステージ4に相当します。ステージ4の場合には、日本腎臓学会の指針によると、食事療法、血圧管理がきちんとなされ、体の状態(貧血、血糖、脂質、骨・ミネラル関係など)が良好であれば、過度な運動制限は必要なく、適度な運動(過労にならない程度の運動)はむしろ身体的にはプラスの効果があります。ただし、高度のタンパク尿・浮腫(ネフローゼ症候群)、肉眼的血尿が存在する場合には安静が必要となり、過度な運動は逆効果となります。
あなたの場合は、とくに問題となる数値や症状は出ていないようなので、過労と感じない程度の運動は続けてもかまわないと思います。その際、運動の前後に尿検査を受けて、タンパク尿、潜血の変化を見てもらうと参考になると思います。しかし、貧血や極端に体がだるくなる場合は体からの警告と受け止め、運動を休んで安静にして下さい。それでも疲労感が消えない場合には、「過労」ということなので、それ以上の運動は避けて下さい。

Q6

1時間の速歩は、腎臓病で控えるべき「激しい運動」にあたりますか?

Q7

かかりつけ医で腎臓機能の低下を指摘されました。腎臓内科を受診すべきでしょうか?

Q8

クレアチニン値が急にあがりはじめました。進行を抑えるためのアドバイスを。

Q9

腎臓病の母の運動不足が心配です。

Q10

球形吸着炭の飲み方について質問です。

Q11

eGFRをこのまま保つために自分でできることはないでしょうか?

Q12

肉体労働のある職種です。仕事を変えた方が良いでしょうか?

Q13

足のむくみに「リンパマッサージ」はどうでしょうか?

Q14

IgA腎症ですが、今の病状で扁桃腺摘出+パルス療法を行った方が良いでしょうか?

Q15

ネフローゼ症候群といわれ、安静をすすめられていますが…

Q16

健診で腎臓病と高血圧が見つかり、最近蛋白尿も出ました、どんどん悪くなるのでしょうか

Q17

腎臓結石発病でクレアチニン値が上昇、下げる方法を知りたい

Q18

IgA腎症の夫がアメフトを始めたいと言っていますが

Q19

クレアチニンの値が徐々に上り、将来が不安です

相談者
保存期患者、51歳、男性
相談内容
腎臓内科に10年ほど前から通院しています。血清クレアチニン(Cr)の数値は1.2mg/dL台でしたが、半年程前から上がりはじめ、1.3、1.4、1.5mg/dL台、今回は1.68mg/dLでした。
尿タンパクは出たり出なかったりとバラバラです。尿酸値は正常になりました。
血圧も正常値です。しかし、血清クレアチニンの数値だけが上がり続けています。
尿タンパクが、+だったり-だったりして、血清クレアチニンの数値だけが上がるのが、おかしいと言われています。今も、降圧剤と尿酸値を下げる投薬を受けていますが、将来的にこのままで良いのか不安です。
回答
クレアチニンは基本的には筋肉量に依存する場合がありますから、プロテインのようなサプリメントを使用している場合や、ジムで筋力トレーニングを行っていれば上昇すると思われます。
抑うつの薬を飲んでいるようならば、筋肉痛を伴うような横紋筋の障害がおこることも可能性としてはあるかもしれません・・・。
いずれにしても特効薬はありませんが、飲水量を増やして経過観察になるのではないかと思います(タンパク尿・血尿の増悪がないようならば)。

また、たんぱく制限や塩分制限などの食事療法は行っていますか? 血圧のコントロール状態はどうでしょうか?
これらは腎機能の低下による血清クレアチニン値の上昇に深く関与しますので、注意を払う必要があります。

Q20

クレアチニン値0.75で「H」がつきました、一度腎臓の検査を受けたほうがよいでしょうか

Q21

腎生検を受けるかどうか迷っています

Q22

心臓病に新薬服用で腎機能低下、腎臓専門医を受診すべきでしょうか

Q23

扁桃腺摘出とパルス療法を勧められましたが迷っています

Q24

クレアチニン1.1だが、腎臓専門医にかかったほうがよいでしょうか

相談者
保存期患者、76歳、男性
相談内容
血清クレアチン値 1.1mg/dL、 尿蛋白 4+(30 mg/dl)
一日に軽い五千歩のウォーキング、ラジオ体操、ゴルフ週一回
CKD ステージ3
心房細動、徐脈40程度
開業医にかかっているが、腎臓専門医にかかったほうが良いでしょうか。

体重 64キロ、身長169cm
回答
現時点での腎臓専門医への受診はまだ必要がないと思われます。
内服薬継続と塩分の注意だけでよいと思います。
今後、血清クレアチニンが上昇する場合(1.5近くに)やタンパク尿が増加する場合(100㎎/dl)には腎臓専門医を受診してください。

Q25

尿の潜血反応から、尿たんぱくも出始めました。このままでよいか不安です。

Q26

専門医を受診したほうがよいでしょうか

Q27

IgA腎症で扁桃腺摘出、今後、食事療法だけでよいのでしょうか?

Q28

子供の頃にネフローゼ症候群にかかりましたが、再発するでしょうか

Q29

運動を続けてもよいでしょうか?

Q30

尿たんぱくの数値、蓄尿と試験紙で大きく違っています