そらまめ通信 – 腎臓サポート協会WEB

そらまめ通信

NPO法人 腎臓サポート協会が2か月に1回発行する会報誌「そらまめ通信」です。
腎不全保存期の方からお読みいただける書面づくりを心がけ、ご希望の方にはご自宅に郵送しています。
ここでは記事の一部をご紹介していますが、会員登録をされた方は、ログインしていただくとVol.62以降から最新号までのそらまめ通信をすべてお読みいただくことができます。
新規会員登録(無料)はこちらから。

なお、患者会などでの団体購読、イベントなどでの見本誌の配布なども承っております。
お問い合せは事務局までどうぞ。

そらまめ通信 Vol.107 New

そらまめ通信 Vol.107

松村満美子のインタビュー「一病息災」

物心ついたら腎不全だった。腹膜透析(PD)、血液透析(HD)、腎移植から、再びHDへ。臨床工学技士として頑張っています!
(川岸 拓馬 さん)

そらまめ通信 Vol.106

そらまめ通信 Vol.106

松村満美子のインタビュー「一病息災」

血液透析(HD)と思っていたのが 腹膜透析(PD)を選んで、とても快適! 海外・国内と、旅行三昧!
(丘 玉蓉 さん)

そらまめ通信 Vol.105

そらまめ通信 Vol.105

松村満美子のインタビュー「一病息災」

精神的ストレスのため腎移植後に腎機能が悪化!
気持ちの整理術を学んだことで今はとても元気です。
(岩間 ゆかり さん)

そらまめ通信 Vol.104

そらまめ通信 Vol.104

松村満美子のインタビュー「一病息災」

厳しい自己管理はしていませんが、主治医、家庭医、家族のおかげで、保存期を保っています。
(金子 房 さん )

そらまめ通信 Vol.103

そらまめ通信 Vol.103

松村満美子のインタビュー「一病息災」

14才で腎臓病と診断され、44年の保存期の間に結婚、4人の男の子に恵まれる。
PD導入後も定年まで勤め、さらに5年を働いてHDに移行。今が一番元気!
(岸 忠雄 さん)

そらまめ通信 Vol.102

そらまめ通信 Vol.102

松村満美子のインタビュー「一病息災」

10年間、腹膜透析を継続中!
食事をきちんと管理して自分にあった透析をしながらたくさんの趣味を楽しんでいます!
(中野 桂子 さん)

そらまめ通信 Vol.101

そらまめ通信 Vol.101

松村満美子のインタビュー「一病息災」

仕事人間は腎臓を省みる間もなく透析に。
妻の申し出で移植ができ今も信用組合理事長さん!
(西塚 一彦 さん)

そらまめ通信 Vol.100

そらまめ通信 Vol.100

松村満美子のインタビュー「一病息災」

腎不全保存期を42年間継続中!
主治医のアドバイスで臨床検査技師に。
定年後も乞われて現役続行中!
(中野 健司 さん)

そらまめ通信 Vol.99

そらまめ通信 Vol.99

松村満美子のインタビュー「一病息災」

21歳で血液透析導入
栄養士の資格をとって食事や生活に気をつけて
現在は在宅透析で十分な透析をしてフリーのアナウンサーとして活躍中!
(森 朋美 さん)

そらまめ通信 Vol.98

そらまめ通信 Vol.98

松村満美子のインタビュー「一病息災」

透析になってしまったけれど、CAPDでこれまでどおりの生活ができてよかった。
病気に縛られることなく自分らしく生きています!
(増倉 義久 さん)