鶏の水炊き、〆うどん、金柑の甘露煮up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

 

腎臓病の食事 お役立ち情報

腎臓にやさしいお料理

腎臓にやさしいお料理

おいしく!楽しく!食事作りのヒント

工夫次第で毎日の食事づくりが楽しく、しかもおいしくなります! ここにはそのためのヒントがいっぱい詰まっています。お好きなページからご覧ください。

紹介レシピはこちら:
[Recipe1] 鶏の水炊き [Recipe2] 〆うどん [Recipe3] 金柑の甘露煮

鶏の水炊き、〆うどん、金柑の甘露煮

低たんぱくうどん利用で、鶏肉をプラス

低たんぱくうどん利用で、鶏肉をプラス

ワンポイント・アドバイス

◎鍋のスープには、野菜のカリウムが多く含まれていますから、飲むときは注意してください。カリウム摂取量が気になる場合は、野菜類は先に別鍋でさっと茹でてから使いましょう。残ったスープでうどんを作るときも同様に注意が必要です。
◎金柑もカリウムが多いので、1回に食べる量は2個ぐらいにして、食べすぎないようにしましょう。
◎市販の茹でうどん(1玉200g)にはたんぱく質5.2g、食塩0.6gが含まれていますが、低たんぱく茹でうどん200gは、たんぱく質0.4g、食塩0gです。たんぱく質が少ない分、良質なたんぱく質の鶏肉を増やすことができます。

低たんぱくうどん利用で、鶏肉をプラス
1人分の総栄養価
メニュー エネルギー
(kcal)
たんぱく
(g)
リン
(mg)
カリウム
(mg)
塩分
(g)
鶏の水炊き 566 16.4 242 736 1.4
金柑の甘露煮 48 0.1 2 36 0

※五訂食品成分表より算出

出典:そらまめ通信Vol.85
監修:社会医療法人 寿楽会大野記念病院 管理栄養士 田村智子先生

鶏の水炊き

鶏の水炊き

だしは昆布と鶏肉であっさりお鍋、野菜もたくさんいただきましょう。

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

〆うどん

〆うどん

水炊きのだし汁で低たんぱくうどんを温め、薬味をいれていただきます。

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

金柑の甘露煮

金柑の甘露煮

下茹でして砂糖とはちみつと煮るだけ。思ったより簡単です。

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

腎臓病の食事・腎臓病の料理作りのヒント

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 便利アイデア

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 料理の種類

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 季節やシーン

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り PD患者さん向けクッキング

 

 

 

このページのトップへ

 

表示モード:スマートフォン│PC

© NPO法人 腎臓サポート協会