トップ > お役立ち情報トップ > 腎臓にやさしいお料理・腎臓病の食事のヒント > 吹き寄せ、さんま塩焼き、きのこづくしサラダ、お芋のご飯、秋果盛り合わせ

 

腎臓病の食事 お役立ち情報

腎臓にやさしいお料理

おいしく!楽しく!食事作りのヒント

工夫次第で毎日の食事づくりが楽しく、しかもおいしくなります! ここにはそのためのヒントがいっぱい詰まっています。お好きなページからご覧ください。
※腹膜透析(PD)患者さん向け情報誌『スマイル』(発行:バクスター株式会社)に掲載されたものです。

紹介レシピはこちら:
[Recipe1] 吹き寄せ [Recipe2] さんま塩焼き  [Recipe3] きのこづくしサラダ
[Recipe4] お芋のご飯 [Recipe5] 秋果盛り合わせ

簡単健康クッキング 2002 秋

簡単健康クッキング 2002 秋料理一覧

※こちらでご紹介しているメニューは腹膜透析(PD)患者さん向けのものです。

いつの間にか夕暮れには虫の声が聞かれる頃となりましたが,楽しくお食事されていますか?いよいよ季節は秋。読書にスポーツ,行楽,文化,そして味覚の秋の到来です。

現在,私たちはハウス栽培や世界中からの輸入により四季の食材をいつでも便利に口にできますが,旬の食材は栄養価が高く,独特の香りや風味を有しています。

みのりの秋の旬は松茸,柿,栗,さつま芋,さんま,さばなどなど美味しいものばかりです。でも食べ過ぎにご注意を! 食欲の秋をむかえて今回は食事の量と栄養バランスについて考えてみましょう。

1.主食(ご飯なら150~200g,パン6枚切2枚)
2.主菜は1品(肉,魚など一人前)
3.副菜 2~3品
(野菜の煮物,炒め物,サラダ,酢の物等など)
4.汁物 具だくさん(1日1回)
5.牛乳200ccもしくは ヨーグルト200gをパン食時や間食に
6.果物は1日1個

以上を基本に大皿に盛るより,それぞれ一人前の盛り付けで,偏りなく食べましょう。

ところで,TVや雑誌には『アレが良い,コレが良い』と情報があふれていますが,ちょっと考えてみましょう。

大地や海の産物である米,野菜,魚,肉,卵などすべて身体に良いものばかりです。では身体にとって良い,悪いはどこに区別があるのでしょうか。

それは食べる量,組み合わせ,食べる時間,すなわちバランスだと考えられます。

旬を美味しく,バランスよく食べて,心身ともに調子を整え充実した秋を過ごしましょう。

総栄養価
エネルギー 659kcal
たんぱく 27.3g
リン 375mg
カリウム 1335mg
塩分 1.9g
せんい 9.7g
出典:バクスター株式会社「スマイル 2002年秋号」
指導
東京医科大学 八王子医療センター
栄養科主任 福元敦子 先生

 

吹き寄せ

吹き寄せ

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

さんま塩焼き

さんま塩焼き

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

きのこづくしサラダ

きのこづくしサラダ

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 洋食

 

お芋のご飯

お芋のご飯

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

秋果盛り合わせ

秋果盛り合わせ

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • デザート

 

腎臓病の食事・腎臓病の料理作りのヒント

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 便利アイデア

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 料理の種類

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 季節やシーン

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り PD患者さん向けクッキング

 

 

 

このページのトップへ