トップ > お役立ち情報トップ > 腎臓にやさしいお料理・腎臓病の食事のヒント > アジの南蛮漬け、夏野菜のトースター焼き

 

腎臓病の食事 お役立ち情報

腎臓にやさしいお料理

おいしく!楽しく!食事作りのヒント

工夫次第で毎日の食事づくりが楽しく、しかもおいしくなります! ここにはそのためのヒントがいっぱい詰まっています。お好きなページからご覧ください。

紹介レシピはこちら:
[Recipe1] アジの南蛮漬け [Recipe2] 夏野菜のトースター焼き

ピリ辛と酸味で、食欲増進!アジの南蛮漬け

ピリ辛と酸味で、食欲増進!アジの南蛮漬け

ワンポイント・アドバイス

【アジの南蛮漬け】
◎ 揚げたアジが熱々のうちにタレに漬け込むと、タレがトロっとしてアジにからみやすく、美味しくなります。
◎ 今回は大きめのアジを使いましたが、小さいアジならワタを取り除いておけば、冷蔵庫に入れ2~3日すると、酢の効果で骨が柔らかくなり食べやすくなります。4~5日は保存できます。
◎ アジには血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる働きを持つ必須脂肪酸である「DHA」や「EPA」、ビタミンA・B・E、カルシウム、タウリンなど、さまざまな栄養素が含まれています。
◎ 一緒に漬け込む野菜は、セロリや白ネギ、キュウリなどでもいいですね。

【夏野菜のトースター焼き】
◎ 野菜にはカリウムが多く含まれていますので、カリウム制限されている場合は、しばらく水につけるか、さっと茹でてから使うようにしましょう。
◎ オーブントースターがない場合は、魚焼きグリルで焼いてもよいでしょう。

1人分の総栄養価
メニュー エネルギー(kcal) たんぱく質(g) リン(mg) カリウム(mg) 塩分(g)
アジの南蛮漬け 225kcal 14.8g 184mg 370mg 0.9g
夏野菜のトースター焼き 181kcal 2.4g 57mg 380mg 0.42g
総栄養価 406kcal 17.2g 241mg 750mg 1.32g

※五訂食品成分表より算出

出典:そらまめ通信Vol.69
監修:医療法人寿楽会 大野記念病院 管理栄養士 田村智子先生

アジの南蛮漬け

アジの南蛮漬け

ピリ辛と酸味で、食欲増進。揚げたアジを熱々のうちにタレに漬け込むのがポイント

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

夏野菜のトースター焼き

夏野菜のトースター焼き

オーブントースターで焼くだけ、カンタン!

  • 腎臓病の食事・料理・レシピを見る
  • 和食

 

腎臓病の食事・腎臓病の料理作りのヒント

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 便利アイデア

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 料理の種類

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り 季節やシーン

腎臓病の食事・腎臓病の料理作り PD患者さん向けクッキング

 

 

 

このページのトップへ