そらまめ通信 Vol.24 – 腎臓サポート協会WEB

そらまめ通信 Vol.24

そらまめ通信 Vol.24

松村満美子のインタビュー「一病息災」

保存期10年。自分で工夫した 食事療法だけでデータが良くなった
松村 葉子 さん

じんぞう教室

11回 日本腹膜透析研究会 記事を読む

コラム「診察室から」

松江青葉クリニック院長 東京女子医科大学客員教授
青木 繁一 先生
テーマ: 透析患者が抱く孤独感・抑うつ

Q&A

主人のことでお尋ねします。主人は慢性腎炎がもとで2年前に透析を導入しました。いま、58歳になります。2~3か月前から「足がイライラ、ムズムズする」と言い出しました。夜、床に入って寝ようとすると、イライラ感が強くなるようです。足踏みしたり、もんだり、さすったりすると少しはよいそうです。でも、時には「骨が分解しちゃいそうだ」とも訴えます。そのような時は眠れないようです。
このごろは電車やバスの中でも、立っていたほうがよい、座るとムズムズがひどくなると言います。先日は家族でお寿司屋へ行ったら、椅子に座らずに、足踏みして立ちながらお寿司を食べていました。どうしてこういう症状が出るのでしょうか。

おいしくたのしく腎健メニュー

3種類のきのこを使ったすきやき

そらまめ広場

・会員の声
・ご存じですか?
・新刊本のご紹介
・事務局からのお知らせ

一覧に戻る