そらまめ通信 Vol.40 – 腎臓サポート協会WEB

そらまめ通信 Vol.40

そらまめ通信 Vol.40

松村満美子のインタビュー「一病息災」

医者・患者として、血液透析40年。
「何も悲観することはありません」
伊藤 清行 先生

じんぞう教室

第51回日本腎臓学会 記事を読む

コラム「診察室から」

聖路加国際病院 腎臓内科部長
小松 康宏 先生
早めに診察を受けて、「元気に長生き」できる治療を!

Q&A

60歳の男性です。10年前に糖尿病と診断され、5年前からは高血圧もみられるようになりました。尿検査では蛋白尿が陽性、血清クレアチニンは1.5mg/dlです。自分ではどこも悪くないと思っているのに、担当の医師から「慢性腎臓病」だといわれました。また、「腎臓病は一生なおらない」とも聞いています。腎臓病は本当になおらないのでしょうか。また今後どういったことに注意していけばよいのでしょうか。

おいしくたのしく腎健メニュー

暑い夏をのりきる!はるさめとレバニラの炒めもの

そらまめ広場

・会員の声
・新刊本のご紹介
 『NEW 慢性腎不全患者のセルフケアガイド』
・トピックス
 「患者の声を医療政策に反映させるあり方協議会」が発足しました
・事務局からのお知らせ

一覧に戻る