鍋焼きうどん

 
鍋焼きうどん

自分でだしをとれば塩分控えめで、本格的な味に

 

材料

(1人分)
ゆでうどん 1玉(120g)
鶏もも肉30g
えびの天ぷら(市販)1尾分
かまぼこ10g
ゆで卵1/2個 25g
にんじん5g
ねぎ5g
みりん5ml
しょうゆ8ml
砂糖5g
日本酒8ml
柚子の皮少々
干し椎茸2g
椎茸煮含用 砂糖1g
椎茸煮含用 濃口醤油2ml
だし汁<※>150ml
 
※だし汁(かつお・昆布だし)(3~4人分)
昆布(4×8cm)1枚
削り節20g
5カップ(1000ml)

 

作り方

1 鶏もも肉は大きめの一口大に、かまぼこは1cm弱の厚さに切る。
2 卵は好みの硬さに茹で、半分に切る。
3 干し椎茸は水でもどし、もどし汁に水を加えて50mlにし、分量の調味料で煮含める。
4 ねぎは幅1cmの斜め切りにする。にんじんは輪切りにする。柚子の皮は細くきざんでおく。
5 だし汁を鍋に入れ、中火で、煮立つ直前にみりん、しょうゆ、砂糖、日本酒を入れ、ひと煮立ちしたら火を止める。
6 別の鍋にたっぷりの湯を沸かしてうどんを入れ、ほぐしながらさっと茹で、ざるに取り、水けをきる。
7 1人用の土鍋にうどん、鶏肉、かまぼこ、ゆで卵、椎茸、にんじん、ねぎを入れ、(5)のつゆを加え、強火にかけ、煮立ったら火を弱めてアクをすくい取り、えびの天ぷらをのせ、柚子の皮を飾る。(土鍋の大きさでつゆの分量は異なる。)好みで一味、七味唐辛子や柚子胡椒でいただく。
◆かつお・昆布だしの取り方
1 昆布は堅く絞ったぬれふきんで表面をさっと拭き、ところどころに切り込みを入れる。水5カップとともに鍋に入れ(時間があれば、このまま30分ほどおく)、強火にかける。
2 煮立ったら削り節を一度に加えてひと混ぜし、再び煮立ったら2分ほど煮る。
3 火を止めて、削り節が沈んだら、万能こし器でこす。
 
鍋焼きうどんの海老の天ぷらは市販の惣菜を利用しました。栄養価計算は通常に調理した場合で算出しています。
うどん自体に塩分が含まれていますので、うどんの量は多くならないようにしましょう。
麺類のだし汁は美味しいのですが、飲み干してしまうと塩分を取りすぎるので、残すようにしましょう。
だし汁を冷凍保存する際は、製氷皿で凍らせておくと、使う分だけ取り出せるので便利。

エネルギーと栄養成分

エネルギー
(Kcal)
たんぱく質
(g)
カリウム/K
(mg)
リン/P
(mg)
塩分
(g)
1食のエネルギーと栄養成分 429 20.3 450 249 2.5

※五訂食品成分表より算出

監修:医療法人寿楽会 大野記念病院 管理栄養士 田村智子先生

お料理アドバイス「身体の芯から温まるあつあつ鍋焼きうどんと、柚子大根」で紹介されているお料理です。