腎臓教室 バックナンバー80号up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓サポート協会とは >「腎臓教室」バックナンバー 80号

 

腎臓サポート協会とは

「腎臓教室」バックナンバー 80号

「腎臓教室」バックナンバー 80号

腎臓教室

  • 慢性腎臓病(CKD)患者の就労について

株式会社ペイシェントフッド 宿野部 武志 さん

  • 慢性腎臓病(CKD)を抱えながら仕事をするということ

 「働く」ということは賃金を得て生活するためだけにとどまらず、社会との接点、周りの人々とのコミュニケーションといった人としての基本的な欲求を満たしたり、生きるモチベーションとなったりと、いくつかの大きな意義を持っています。しかし、慢性腎臓病(CKD)を抱えながら仕事をするということは、容易なことではありません。個々の病状・体調によって自分自身で留意すべきこと、また職場に協力してもらうべき事がらも異なりますが、今回は「保存期」と「透析期」に分けて考えてみようと思います。まず共通していることは、信頼できる主治医の判断を仰ぎながら生活し、就労の有無に関わらず無理をしないということです。心身共に体調管理ができなければ、いずれにしても就労を続けていくことは難しくなるからです。

  • 保存期の方が働くうえで気をつけたいこと

 保存期の方が働くうえで特に留意すべきことを2つ挙げてみました。

  1. 心のストレスと身体のストレスをためない
  2. 食事(特に昼食)に充分配慮する


 まず1. 心のストレスと身体のストレスをためないですが、保存期は自覚症状がないために無理をしてしまいがちです。しかし、疲れは禁物ですので無理せず過重な労働は避けましょう。また保存期のステージによって運動の制限も異なりますが、長時間の立ち仕事や、温度差の激しい場所での勤務は避けるべきです。
 そして2. 食事(特に昼食)に充分配慮するですが、忙しく働いているとどうしても外食が多くなりがちです。そのような場合は塩分過多になり、蛋白制限もしにくくなります。しかし保存期の治療において食事管理は肝心です。外食が多くなる場合には、塩分や蛋白質が比較的少ないメニューはどれかを事前に調べ、取り入れていくことがポイントになります。ただ、忙しく働いている間に1食ごとにストイックな食事制限をしていると精神的に追い込まれてしまうこともあるので、朝食と夕食も合わせて1日の食事でバランスをとる、という考え方で、気持ちにゆとりを持った食生活を送ることも、食事療法を継続していくためには必要です。

  • 透析をしている方が働くうえで気をつけたいこと

 透析をしている場合、ほとんどの方が週3回通院し、1回4時間以上かけて治療を受けなければなりません。透析患者が就労するうえでは、大きく3つ留意すべき点があると思います。

  1. 体調の問題
  2. 透析による時間的な制限を考慮する
  3. 勤務先と通院先との兼ね合い


 これらはすべてセットでとらえる必要があります。
 まず1. 体調の問題ですが、自分自身の体調をしっかりと把握し、どのような「働き方」であれば継続できるかを良く考える必要があります。ここでいう「働き方」とは、週5日勤務するいわゆる「正社員」、例えば週3日勤務する「パート・アルバイト」、そして「起業」する、「フリーランス」で働くなど、多様な「働き方」のことを指します。起業する、フリーランスで働くという選択肢は、生活の安定という意味では難しい面もありますが、時間をある程度自由に使えるということが魅力です。
 2. 透析による時間的な制限については、3. 勤務先と通院先との兼ね合いと合わせて考えるべき事項になります。透析という時間制限があるなかで働くわけですから、「働く場所」「通院する場所」「自宅の場所」の移動がスムーズにできるかどうかは、貴重な時間を有効活用するうえでとても重要です。そこに「働き方」を考えあわせ、できる限り「仕事」「治療」「生活」のすべてに無理がかからない最適な選択をするべきです。そして働く職場の上司をはじめ、共に仕事をする仲間には、透析による通院で時間的制限があることに理解を得ることも、長く勤めていくうえでは必要です。
 また、透析には、自宅や職場でできる腹膜透析(PD)や在宅血液透析など、治療時間の調整をつけやすい方法や、夜間に施設でおこなう方法もありますので、透析方法や治療時間そのものについて選択肢の一つとして検討してみても良いかもしれません。
 現実はさまざまな事情が絡み合い、なかなか自分の理想をすべて実現することは難しいですが、優先順位を考えながら「継続できるかどうか」ということを頭において選択をすることが大切になります。

  • さいごに

 最後にもうひとつ重要なことがあります。すべての方にいえることですが、相談に乗ってくれる自分のサポーターを見つけましょう。会社の上司、人事担当者、ハローワークの障がい者就労の担当者、家族、友人等、あなたの病気の事、そしてやりたい事をしっかり理解して助言してくれる、信用できる人を見つけましょう。自分一人で考え抱え込んでいると行き詰まり、前に進めないという事態に陥ってしまいます。そして、病気とは関係なく、自分は何に関心があって、どういう仕事をしたいのか、どういうキャリアを積みたいのか、どんな人生を送りたいのか、これらのことを常日頃から考えておくことは、社会人として大切です。
 CKDは長くつき合っていく病気であり、大変なこと辛いことも多々ありますが、仕事や趣味、やりがいを持って生きていくことにより、病気と向き合う力を得ることができます。病気と共に生活をしながら仕事もしていく、これは大変なことですが、ぜひ一人でも多くのCKD患者の皆さんが、自分らしい働き方を見出して、素敵な生活を送られますよう、心から願っています。

Profile:宿野部 武志さん 株式会社ペイシェントフッド代表取締役、社会福祉士
3歳で慢性腎炎と診断され18歳で透析導入。大学卒業後、大手電機メーカーに14年間勤務。福祉の仕事を希望し2006年に退社、福祉の専門学校へ通い社会福祉士の資格取得。社会福祉協議会勤務の後、NPO設立を経て2010年株式会社ペイシェントフッド設立。腎臓病・透析についてのポータルサイト「じんラボ」運営のほか、幅広い事業を展開。今後は透析施設に特化した人材紹介事業、患者の就労支援事業もおこなう予定。

<< バックナンバー 一覧へ戻る

 

 

このページのトップへ

表示モード:スマートフォン│PC

© NPO法人 腎臓サポート協会