腎臓のはたらき:軽度低下up特典もりだくさん 無料会員募集中!新規会員登録

トップ > 腎臓病Q&A > 腎臓のはたらき:軽度低下

 

腎臓病相談

病気の段階別Q&A

腎臓のはたらき:軽度低下

ネフローゼとはどのような病気ですか。
ネフローゼ(症候群)は、特定の一つの疾患ではなく、さまざまな病気が原因となって起こる、同じ症状を持つ疾患群を指します。「高度のたんぱく尿」と「低たんぱく血症」がみられ、そのために生じる「むくみ(浮腫)」や、「脂質異常症」が特徴です。ネフローゼ症候群の原因となる疾患は、腎臓自体の病気である糸球体疾患(原発性・一次性)が最も多く全体のほぼ80%を占めています。また、他の疾患に続いて起こるもの(続発性・二次性)としては、代謝性疾患(糖尿病など)、膠原病とその類縁疾患、感染症、悪性腫瘍などがあります。年齢により原因疾患の発症頻度は異なります。
小児で最も多いのがリポイドネフローシス(または微小変化型ネフローゼ症候群)です。急に激しくむくむのが特徴で、副腎皮質ステロイド薬がよく効くことが多いタイプです。再発を繰り返すこともしばしばありますが、原則として腎臓の機能が低下することはほとんどありません。成人では膜性腎症、アミロイド腎症、糖尿病性腎症などが多くなります。また、高齢者では続発性(二次性)のネフローゼ症候群が多いのも特徴です。膜性腎症は原発性の場合もありますが、二次性の原因として悪性腫瘍が隠れている場合もありますので、特に高齢者の膜性腎症では悪性腫瘍の精査が必要になります。
IgA(アイジーエー)腎症とはどのような病気ですか。
腎臓の糸球体に免疫グロブリンのIgAというたんぱくが沈着している糸球体腎炎です。日本人に多いとされています。初期は無症状で、学校検尿および職域検尿たんぱく尿または血尿で発見されます。急性上気道感染症(風邪など)を伴った場合には、肉眼的血尿(コーラ色の血尿)が見られることもあります。IgA腎症の患者さんで、病気がどのように進行して行くか(予後といいます)については、腎生検での組織所見と尿所見の程度によってある程度予想できます。腎生検(腎臓の組織検査)の所見で糸球体の増殖性変化と尿細管間質障害の程度が強い場合、たんぱく尿が多くでている場合、尿の中にいろいろな円柱が見られる場合、血圧のコントロール悪い場合などでは、時間とともに次第に腎機能が低下して、腎不全の症状が出る可能性が高くなります。
慢性糸球体腎炎の場合、透析は必ず必要になるのですか。
慢性糸球体腎炎と呼ばれる病態にはとても多くのタイプが含まれており、また同じタイプの病態であっても患者さん一人一人で進行度や重症度が異なっています。ですから、「慢性糸球体腎炎だから透析が必要になる」などということは全くないのです。しかし、なかには腎機能の低下が進みやすいタイプも含まれています。また、病気の診断がつくのが遅くなって腎臓の機能がすでに低下してしまってからでは、治療の効果も得られにくくなってきます。ですから、もしも健康診断などで慢性糸球体腎炎の可能性を指摘された場合(血清クレアチニン値の上昇や、尿蛋白・尿潜血が陽性、などです)には、自分一人で頭を悩ませずに、早めに再検査を受けて必要に応じて専門医を受診することが最も大切なことなのです。検査を受けて慢性糸球体腎炎であると判った場合であっても、病態に応じた適切な治療を始めるのが早ければ早いほど、腎機能が低下することを未然に防いだり、または病気そのものを治してしまったりたりすることができる可能性が高くなります。
慢性糸球体腎炎の食事療法での注意点は何ですか。
たんぱく質を制限することが基本です。これに加えて、塩分摂取量の制限と1日に必要なエネルギー摂取量を確保することも心がけてください。病気が進行して、腎臓の機能が低下してきた段階では、体内に溜まりやすくなるカリウムリンの摂取量を制限することや、水分摂取量をコントロールすることも必要となります。
慢性糸球体腎炎になった場合、なぜ食事中のたんぱく質を減らす必要があるのですか。
腎不全の進行をおさえるための食事療法として、食事全体のカロリーを保ちつつ、たんぱく質を抑えることの重要性が実証されています。たんぱく質の摂りすぎは体内に老廃物を蓄積することになり、弱った腎臓にさらに負担をかけます。しかし、制限しすぎて逆に摂取不足になると体重や筋肉の減少をもたらし、かえって体調不良の原因になります。腎機能を低下させないためにも、たんぱく質摂取量を適切にコントロールすることはとても重要です。
>>食事療法についてはこちら
上記は、病気の段階別に、代表的な質問と回答を記載したものです。
実際にオンライン健康相談に寄せられたご質問と回答の一部は「これまでの相談例」をご覧ください。
個別の健康相談を受けるには、会員登録(無料)が必要です。会員登録はこちらから。
監修:川崎市立多摩病院(指定管理者:聖マリアンナ医科大学) 腎臓・高血圧内科 副部長 今野 雄介先生

 

 

 

このページのトップへ