トップ > 腎臓サポート協会とは >「そらまめ通信」バックナンバー 36号

 

腎臓サポート協会とは

「そらまめ通信」バックナンバー 36号

  • そらまめ通信 Vol.36松村満美子のインタビュー
    「一病息災」買原 唯光さん:

    「腹膜透析でいきたい」という自分の希望を実現

  • じんぞう教室 :

    食事療法を成功させるための
    ポイント(その②)
    詳しくはこちら >>

  • コラム「診察室から」:

    社会保険中央総合病院腎臓内科部長 篠田 俊雄先生
    尿と血液の検査から計算できる
    クレアチニン・クリアランスは魔法の検査!

  • Q&A :

    65歳の男性です。糖尿病による腎臓病があり、主治医から「血液検査の結果、慢性腎臓病(CKD)の第3期にあたる」と言われていました。
    先日、「腎臓を守る作用の薬を使ってみよう」と言われ、内服していたところ、2週間後には腎臓の機能が第4期に相当する値に悪化していました。
    そこで「腎臓の専門医に紹介する」と言われたのですが、心配です。

  • おいしくたのしく腎健メニュー :

    寒い夜はホタテのクリーム煮をメインに

  • そらまめ広場:

    ・ 会員の声
    ・ 新刊本のご紹介
     「腎不全でもあきらめない」
     -強く明るく生きる32人の物語-
    ・ 本のプレゼントのお知らせ
    ・「腎臓サポート協会6周年の集い」が開催されました
    ・松村理事長が健康大使に任命されました

<< バックナンバー 一覧へ戻る

 

 

このページのトップへ