そらまめ通信 Vol.37 – 腎臓サポート協会WEB

そらまめ通信 Vol.37

そらまめ通信 Vol.37

松村満美子のインタビュー「一病息災」

家族性腎炎で慢性腎臓病(CKD)でも、透析にならない可能性も。
加納 みゆき さん

じんぞう教室

アンケート集計結果より 記事を読む

コラム「診察室から」

近江八幡市立総合医療センター
腎臓内科部長・腎臓センター長
八田 告 先生
『自己検尿のすすめ』

Q&A

数年前から腎炎と言われていた主婦(55歳)です。最近、かかりつけの先生から、「クレアチニンというのが高くなり、腎不全になっている」と言われました。血液検査の結果を見ると、Cr=2.2mg/dlと書いてあります。かかりつけの先生は、「このぐらいならまだ大丈夫、まだまだ透析もいらないから心配しなくていいよ」と言われました。それから何回か血液検査をしてもらっていますが、クレアチニンは2.2mg/dlで安定しています。
でも尿検査では尿タンパク3+、自宅で測った血圧は160/80mmHgと高いので、少し心配しています。先生は、「クレアチニンが安定しているから大丈夫」とおっしゃいますが、本当に大丈夫でしょうか?

おいしくたのしく腎健メニュー

寒い夜にはあつあつおでん

そらまめ広場

・会員の声
・トピックス
 記者の皆さんをお迎えして座談会が開催されました
・事務局からのお知らせ

一覧に戻る